ユーコミュのマンガ学習

漫画を新たな視点から読み解き、学びを得ます。

20投稿を終えて 私の書籍経歴 懐かしの本を思い出と共に①

こんばんは、ユーコミュです。

 

前回の投稿で20投稿を達成致しました。

2月に始めたブログですが、早2か月となり150人以上の方に閲覧頂きました。

投稿者として嬉しい限りです。

 

今回は私の書籍経歴についてお話しようと思います。

 

書籍にはさまざまな種類があります。

大まかに分けると、文庫・コミック・雑誌です。

その中でも種類が多数あり、一言で本好きといっても一括り(ひとくくり)には出来ない実情があります。

私の書籍経歴でご理解頂ければ幸いです。

                                         

私と書籍の出会い 始まりの絵本

                                        

 

私の初めての書籍との出会いは、多くのお子様と同じく絵本でした。

成長の記録写真にも、大抵の場合絵本が傍ら(かたわら)にありました。

両親が教育関係に就いていたこともあり、教科書や児童書で扱われる絵本が目立ちました。

今でもその中にあった名作「スイミー」をふと懐かしく読むことがあります。

               

          スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

                                         

シリーズ本との出会い

                                        

 

小学校に上がると、絵本から文庫本へと意識が向きます。

この意識の始まりが、授業前に15分取られた「朝読書」の時間です。

私の周囲では活発な同級生が多く、不服としていた生徒も多く見受けられましたが、読書の好きな私にとっては好都合な時間でした。

 

しかし、ここで問題が起きたのです。

「挿絵に色の入った本は✖」という謎のルールがあり、私の読んでいた本はことごとく禁書になってしまいました(笑)

そこで私は読書本を探し図書室をさまよい、シリーズ本に手を付けていくことになります。

 

順を追っていくと「学校の怪談」シリーズ、「花子さんが来た」シリーズ、「マジックツリーハウス」シリーズと読み進めていきました。

大人気だった「ダレンシャン」シリーズと「ハリーポッター」シリーズは、サスペンス要素が含まれ苦手としていたため手を出しませんでした💦

挙げていくと小学生らしいシリーズのように感じます。

                                        

時代小説・山田悠介作品との出会い

                                        

中学校に上がると、「デルトラクエスト」シリーズにハマっていた私は、授業が始まったことに気付かず読み込んでいました。

その様子を顧問でもある担任に報告され、何度か部活を停止されるほど叱られました💦

この頃から、修学旅行や家族旅行で触れた歴史的建造物に感化され、日本の歴史に興味を持った私は時代小説にのめりこんでいきます。

 

映画化されている小説や大河ドラマ関係の小説が中心でしたが、剣道を始めたこともあり戦関係や剣豪関係の小説にも手を出します。

剣道といえば、私と同じ年代の方は御存知ではないでしょうか?
作品名は「武士道シックスティーン (文春文庫)」、北乃きいさんと成海璃子さんのダブルヒロイン映画化もされました。シリーズ化され、近年も続編が出版されていたようです。

 

               

 

この頃もう一つハマっていた作家さんがいます。

それは、サスペンス系小説を執筆されている山田悠介さんです。

ニホンブンレツ (河出文庫)」や「俺の残機を投下します」など、近年でも多くの作品を世に輩出し、読者に驚きと感動を与える山田悠介さん。その名前を世に広く知らしめた作品は「リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)」でしょう。

               

たまたまテレビを回していた際、この作品に出会い、ストーリー性と発想にとても驚き書店に駆け出した覚えがあります。ここからさらに本の世界へとのめりこんでいきます。

 

 

今回はここまでです。

次回は高校、大学、社会人の現在までの書籍経歴を取り上げて参ります。

次回もお楽しみに(*^^*)

「モンスターハンター」から学ぶ命を懸ける「信念」の強さ

こんばんは、ユーコミュです。

 

今回は3/26公開の映画「モンスターハンター」と3/26発売のゲームソフト「モンスターハンターライズ」を記念して、モンスターハンターの小説を紹介しようと思います。

 

この記事を書いている時間が鑑賞前のため感想はお伝え出来ませんが、モンハンに浸ってきた私の高揚感はお伝えできると思います!

何卒御付き合い下さい!!

 

     ↓本日狩猟解禁!モンスターハンターライズの購入はこちらから↓

       モンスターハンター ライズ|オンラインコード版

 ※こちらのコードでパッケージ版への変更も可能です。お求めの方はぜひ!!

                                        

モンスターハンターの概要

                                        

モンスターハンターを知らないあなたに簡単に説明すると、

狩猟

この2文字に尽きます。

 

待ち受ける未知(みち)のモンスターと対峙(たいじ)し、倒したモンスターの素材(爪や鱗)を回収し、その素材で新たな武器や防具を作る。そして、また新たなモンスターと戦うゲームとなります。

戦う者を“ハンター”と呼ぶため「モンスターハンター」というタイトルになります。

 

ハンターの戦う理由は、街や村を守るためです。

モンスターハンターのソフトでは、大抵自らの操作するハンターが赴任先に移動するシーンから始まります。初心者として赴任(ふにん)し、村人の悩みや依頼を達成していくことで物語が進みます。

 

物語が進むにつれ、依頼内容の危険度が上がり、報酬額(ほうしゅうがく)も上がります。

伝説級のモンスターや画面に収まらないスケールのモンスター、数多くのモンスターを一度に相手取ることもあります。

その中で、自らの目的を達成するためクエスト(依頼)を達成し、素材を集め、強固な武器を作っていくゲームです。

 

 

そんなモンスターハンター、通称“モンハン”に小説があることを御存知(ごぞんじ)でしょうか?今回は小説の中でも私が一番好きな物語を御紹介します!!

 

                                        

自らの経験を基に見られる作品「モンハン小説」

                                        

今回私がピックアップした作品はこちらです。

              

       モンスターハンター 疾風の翼1 (ファミ通文庫)

※イラストが荒いことには御容赦ください(-_-;)

 

2014年にファミ通文庫より刊行され5巻で完結しました。

この作品は太刀使いマディリアとボウガン使いテアン、テアンのおともアイルーコジローのコンビで進む物語です。

モンハン小説の良さは特に経験者に分かりやすいあるあるや、モンスターの癖(くせ)などが事細かに記載(きさい)されているのです。自分がプレイしているような感覚を持ち、モンハン経験者の共感を呼びます。

 

この作品を挙げた理由は、この作品の内容にあります。

“片翼のマディリア”と呼ばれソロプレイを続けていたマディリアの求めるもの、テアンとの狩りの中で芽生えるもの。読み進めるうちに涙が零(こぼ)れていく、そんな作品です。読むときはタオルは必須ですね(´;ω;`)

 

                                        

ハンターの信念

                                        

モンハン書籍から学ぶこと、それは信念の強さです。

 

ハンターは時に命をかけ強大なモンスターに立ち向かいます。

力尽きた後再び立ち向かう勇気や果敢(かかん)に攻撃する際の胆力は、モンスターへの驕(おご)りや恐怖があっては、すぐに絶たれ死に直面します。

 

大事なことは、自らの信念をもち戦うこと

たとえ相手が強大であろうと、多頭であろうと信念があれば、たとえどんなに不利な状況であっても、必ずや状況を脱却する考えが浮かぶのです。

 

しかし、復讐(ふくしゅう)は違います。

モンハン書籍では復讐の物語も多く描かれますが、たとえ復讐相手を倒そうとも空虚になるのみです。その時は満足しても、倒した後の指針を失っているのです。復讐を誓った時点で先は決まっているのです。何よりも故人(こじん)は復讐を望みません。あなたに近しい人ほど、あなたの幸せを願うばかりなのです。

 

一つの信念を貫くことこそが、命を懸(か)けるうえで、また生き抜くうえで重要ではないでしょうか。

 

 

今回はここまでです。

ミラジョボビッチさん主演のモンハン楽しんできます!!

また次回お会いしましょう(*^^)v

 

一狩り行こうぜ!!

 

3/26同梱版同時発売!

モンハンエディション好評発売中!!

 

    

 

Nintendo Switch モンスターハンターライズ スペシャルエディション

 

モンハン書籍は多数出版されています!

気になる商品は是非!!

 

モンスターハンター 魂を継ぐもの1 (ファミ通文庫)

モンスターハンター 狩りの掟 (ファミ通文庫)

モンスターハンター 疾風の翼1 (ファミ通文庫)

モンスターハンター 閃光の狩人1 (ファミ通文庫)

初代~2ndG世代はこちら↑

モンスターハンター 蒼天の証

私と同じモンハン3rd世代です↑

モンスターハンター クロスソウル 1-2巻 新品セット

モンハンクロス世代はこちら↑

モンスターハンター:ワールド 生命の大地に

モンハンワールド世代はこちら↑

他にも多数出版!!

「アナグラアメリ」から学ぶインドア女子の魅力

こんにちは、ユーコミュです。

 

今回は集英社、マーガレットコミックスより発売された佐藤ざくり先生の少女漫画「アナグラアメリ」より、インドア女子の魅力について学びます!

                         

佐藤ざくり先生といえば、「たいへんよくできました。(全5巻)」や「マイルノビッチ(全12巻)」で有名ですね。

特に「マイルノビッチ」は現在動画配信サービスhulu(フールー)にて、実写ドラマが配信されています!

 

主演を務めるのは、多くの実写化少女漫画作品のヒロインを担当した圧倒的美少女の桜井日奈子(さくらいひなこ)さんです。

主題歌を担当するのは、今若者に絶大な人気を誇る”ヤバT”でおなじみのヤバイTシャツ屋さんです!

 

現在1巻と2巻が、3/25まで期間限定で無料で読めるキャンペーンが行われておりますので、この機会に「マイルノビッチ」も是非ご覧ください!

下記のリンクからamazonに繋がります!

                

       マイルノビッチ【期間限定無料】 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

    マイルノビッチ【期間限定無料】 2 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

                                        

アナグラアメリについて

                                        

学校で“もののけ3人衆”とあだ名をつけられ揶揄(やゆ)される集まりの一人である森川(もりかわ)あめりと、学校一のイケメンであめりの幼馴染(おさななじみ)である南里帝斗(みなみざとていと)を中心として展開される、高校生恋愛物語です。

 

物語の登場人物には、腹立たしく思えるキャラクターも多数存在し、憎めないで済まないキャラクターも中には存在します。

また、ストーリー展開は思わぬ方向に進み、純粋な恋愛物語を求めている読者にとっては胸糞の悪い内容でしょう。

 

しかし、現実にも起こり得る事や恋愛の厳しさを、登場人物の心境を文字で表現することで、我々読者に訴えかける作品です。

 

私の推しは、帝斗の友人である辻大貴(つじだいき)です。

この作品の中で一番の真面目さ、真剣さを持つ人物だと思います。

恋愛への不器用さや、間違えた友人と正面からぶつかる強さを併せ持つ人物です。

                                        

インドア女子の魅力

                                         

 この作品のヒロインである森川あめりは、相当な映画好きの女子高生です。

いわゆる“インドア系”とは、映画や読書、ゲームといったサブカルチャーが好きな方を指すことが多いですね。

室内で出来る趣味がほとんどです。

 

逆の言葉では“アウトドア系”という、スポーツを中心とした外での活動が主な方を指します。元気な印象がありますよね♪

 

インドア系女子については、家にいる趣味のため表では大人しい、自分の好きなものへの確固たるこだわりをもっている、一人の時間を大切にできる余裕を持っていると、私は思います。

これは私が出会ってきた多くのインドア系女子で一致していたことです。

 

趣味のことになると目をキラキラさせながら早口で話し始めるところや、趣味で出来た友人と固まり楽しそうな笑顔をするところは、インドア女子が特にかわいいと思えるポイントでしょう(/ω\)

 

心に繊細な部分があり、初対面での警戒心の強さからくる人見知りや、人との関わりの少なさからくる傷つきやすさも見られることが多いです。

そういったところをカバーするような関係性になるよう心掛け接すれば、インドア系女子はきっと応えてくれるでしょう。

 

インドア系女子が気になる場合は、まずは相手の趣味に興味を持ち、ゆっくりと心を開く時間を作っていくことが良い。

私はこう思いました。

 

 

いずれはアウトドア系女子の女子の魅力も書ければと思いますので、乞うご期待下さい。アウトドア系なら、来期アニメのあの作品でしょうか…(*^^*)

 

 

今回はここまでです。

また次回の記事でお会いしましょう(*^^)v

 

 

             この作品の購入はこちらから↓

     kindle版        アナグラアメリ

   コミック版   アナグラアメリ コミック 全12巻セット

         佐藤ざくり先生の現在連載中の作品はこちら↓

          モジコイネネコイ コミック 1-5巻セット

                 

「虹色デイズ」から学ぶ男性目線の少女漫画

こんばんは、ユーコミュです。

 

今回は集英社別冊マーガレットにて連載された水野美波先生の少女漫画「虹色デイズ」より、男性目線から見る新しい少女漫画の見方を学びます。

              

 

16巻をもって完結し、アニメ化や実写映画化もされました。

全て拝見した感想としては、やはり漫画が神がかっていました!

 

実写映画ですが、中川大志さんや横浜流星さん、山田裕貴さんといった豪華キャストが出演されてました。

それほど水野先生の作品に期待がされていたのでしょう。

この作品が初の連載漫画ということに、驚きを隠せませんでした…。

 

              

作品の作者である水野美波先生は、現在も集英社にて作品を連載中です。

記事の最後にリンクを載せますので是非御確認下さい!

 

                                        

            概要

                                        

羽柴夏樹(はしばなつき)は高校生。

 

部活には所属せず、いつも松永智也(まつながともや)、片倉恵一(かたくらけいいち)、直江剛(なおえつよし)の3人と一緒に過ごす日々を送っていました。

 

クリスマスのある事件をきっかけに、全員の女性関係が大きく動きます。

 

そんな中、夏樹が同級生の小早川杏奈(こばやかわあんな)に恋をし、そこから新たなつながりが生まれていきます。

 

友人関係や恋愛関係が少しずつ広まっていき、彼らの青春を色濃くしていきます。

彼らの虹色の青春の日々(days)を見て、自分の青春を思い返しながら御覧下さい。

 

                                        

      「虹色デイズ」の珍しい点

                                        

 

この作品の連載当時大学生だった私は、単行本が待ちきれず、別冊マーガレットの雑誌を購入していました。

そして面白い事に、発売日当日に購入し家に置くことなく、その後も半月くらいは持ち歩いていました(笑)

 

友人がジャンプやマガジンを持っていた事に対抗心を抱いたのでは?と思われますが、理由は単純で連載されていた作品が面白かったのです!!

 

ちなみにこの別マを集中して気付かず授業中堂々と読んでいたこともあり、一度教授に名指しで注意され、それ以来学部内で“別マの人”と変人扱いされたことがありました(笑)

 

 

さて、余談が過ぎましたね💦

なぜ今まで数々の少女漫画を読んできたそこまで私が面白く感じたのか。

それは“男性目線”という新たな観点から見る少女漫画だと感じたためでした。

 

虹色デイズ」は、大体のストーリーが主なキャラクター4人組の視点で描かれますが、男性目線で語られることはきわめて稀です。

 

それこそ女性目線で相手の気を引くために行動をしたり、相手に行動を起こさせるために試すといった駆け引きでハッピーエンドに繋がる。これが少女漫画の醍醐味でしょう。

男性の照れる反応や拗ねた態度で、気持ちが分かることも多かったはずです。

 

しかし、この作品では男性目線で、そのキャラクターの恋愛の段階に合わせた気持ちをありのままに表現し、女性へのアプローチや迫られた際の応対を、表情以外でも存分に読者に伝えています。

 

特に表情だけでなく、同じ心の声でもボヤキと本心を、ふきだしの大きさや形によって分かりやすく表現している点が、水野先生の素晴らしいところだと私は感服しました。

 

少女漫画はおおかた起承転結が決まっている、と言われますが、男性目線で描かれていること、キャラクターを多くすることで、友情関係やライバル関係、はたまた不思議な関係とストーリーを想像させることで、多くの読者を楽しませます。

 

私が見た少年漫画で言えば「ニセコイ」や「5等分の花嫁」のように、少年漫画の中でも多様化したジャンルが登場したあの驚きと同様な思いを感じました。

 

ちなみに私の推しキャラは筧利宗(かけいとしむね)です!

普段から目が隠れミステリアスな彼ですが、タオルを巻いている彼は刺さるものがありました!

ちなみにサブキャラなので、前半はあまり出ない彼です(笑)

 

この記事を読んで気になったあなた!!

一度読んでみてはいかがでしょう?

下に

 

今回はここまでです。

また次回お会いしましょう♪

 

 

                  虹色デイズはこちらから↓

                 

               虹色デイズ コミック 全16巻セット

 

              水野先生が現在連載中の作品はこちら!

               現在最新10巻まで好評発売中↓

                 

        恋を知らない僕たちは 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

「エンペラーといっしょ」から学ぶ漫画連載への新たな道

こんにちは、ユーコミュです。

 

今回は、集英社ジャンプコミックスプラスより発売されたmato先生の大判コミックス「エンペラーといっしょ」より、漫画連載について学びましょう。

 

               

                エンペラーといっしょ

 

全4巻で構成されたこの漫画ですが、ペンギン好きのあなたはもちろん、「水族館で何となくペンギンを見る時間が長かったな~」というあなたにもピッタリの作品です!

 

早速概要をチェックしていきましょう!!

 

                                        

概要

                                        

ある日 、南香帆(みなみかほ)が家の冷蔵庫を開けると、その中に入っていたのはなんと、南極に住んでいるはずの皇帝ペンギン

このペンギンはエンペラーと名付けられ香帆の家で面倒を見る事になります。

 

おだやかな日常の中にペンギンという異質な生物が組み込まれることで、香帆は新たな価値観や思わぬ人に出会います。

 

ペンギンの生態にも詳しくなるので是非読んでみて下さい!

 

 

さて、それではこの漫画と私の出会いから、連載について学んでいきます。

 

                                        

Twitter連載

                                        

この作品との出会いは、mato先生のtwitterでした。

 

SNSで日々連載される漫画を、当時は暇つぶしで見ていた私でしたが、ふとある作品に目を止めます。

 

もしも野生動物が家にいたら、という子供の空想が具現化された作品で、興味をもちましたが、ペンギンの生態まで詳しくなれる楽しさから、毎日の楽しみとなっておりました。

 

近年twitterの連載漫画は増え、そこから書籍化されることも増えていきました。

インターネットやSNSの発達は、作家というに届く可能性をを広げたといっても過言ではないでしょう。

 

                                        

オンライン漫画アプリについて

                                        

 

この作品をtwitterのように小さい枠でちまちま読むのではなく、一気に読みたい!と考え使用したものがスマートフォンアプリでした。

 

その当時はお金がないにもかかわらず、とにかく見たい作品の多かった私は、安く大量に読める方法を探りました。

 

その時に出会ったアプリが「comico」と「少年ジャンプ+」でした。

新人作家さんの作品が無料で、しかも書籍前の段階から見られることに当時は喜びを隠せませんでした。

 

この作品も「少年ジャンプ+」に掲載されたことで、一気に読むことが可能となり、少し待ってでも溜めて読みたい!となりました。

 

その後デジタル式よりも書籍の紙をめくる感覚が良いこと、単行本の一気読みがすっきりとした気持ちになることから、私は書籍に戻りました(笑)

 

 

小説界でも「小説家になろう」というサイトから、多くの作家さんが飛び立ち現世に舞い降りましたが、かつて「バクマン。」で描かれた持ち込みや作品賞のみの時代から、出版社からオファーの来るスカウト制も含まれる時代へと、変革しているように感じます。

 

書籍の出版が減る中ではありますが、作家さんが明るい未来に突き進みやすい時代に変化することは、読者の私にとっても嬉しい事です。

 

今後も気になる作品をどんどん追っていきたいと思います(*^^*)

 

今回はここまでです。

それではまた次回お会いしましょう(*^^)v

 

 

            mato先生が描いた作品はこちら↓

             

だーりん・いん・ざ・ふらんきす! (ジャンプコミックスDIGITAL)

「ねこったけ」から学ぶ身近な“ネコ”の尊さ

こんばんは、ユーコミュです。

 

今回は小学館少年サンデーコミックスから刊行された「ねこったけ!」(2016)から身近な猫について学びます。

              

 

この作品の著者の灘谷航先生は、この作品の完結後も新たな猫漫画を書いているほどのネコ好きです。

この記事の一番下に作品情報を掲載しておきますので是非御確認下さい♪

 

「ねこったけ!」は全6巻で完結をしています。

一気見するのにちょうど良い巻数で、猫が好きなあなたに必見の漫画です!

 

              

 

                                        

「ねこったけ!」の概要

                                        

主人公の富士健祐(ふじけんすけ)は、大のネコ好きです。

 

子供のころ野良猫に助けられたことを機にネコが好きになり、その後の生活ではネコに執着し日々ネコを追っています。

 

野良猫がきっかけである人物に出会い、彼のネコライフは大きく変化していきます。

様々なネコ、人との出会いが彼を大きく成長させていき、彼の人生をより豊かにしていきます。

 

ネコの描写はもちろんのこと、ネコの習性や特徴をよく捉えた作者が描くネココメディーです!

 

                                       

野良猫がもたらす癒し

                                       

私の地元が田舎なこともあり、私の実家では野良猫が家の庭を通り、夜には野良猫の喧騒や子猫の声が響きます。

 

私がよく見かけるネコは、すらっとした体型のクロネコです。

家のリビングから不意に外を見ていると、庭を横切っていきます。

 

クロネコはよく後ろを振り返り、その場で座る事が多いのですが、その後はすぐ窓のほうに振り向き、こちらの姿を一度確認しゆっくりと去っていきます。

 

私が大学生時代よく家にいたときは、休日にお茶を飲みながら外を眺めネコが通ることを待っていた思い出があります。

ネコが来なくても、庭の花や鳥を見ていて不思議と飽きませんでした。

友人にこのエピソードを話すと、「老後の生活かよ」と笑われます(笑)

 

なつくのが難しいとされる野良猫ですが、最近は見かけること自体が少なくなってきました。

                                        

“ネコ”の周囲の環境変化

                                        

 

近年、動物愛護団体による野良猫の避妊手術が徹底されていること、野良猫出身のネコを飼うこと等が世の中全体で進み、その数は減少しています。

 

元々人が捨てたネコたちが、外で繁殖をした結果でもあるため、環境保護の観点からも我々人間が責任をもって接するべきことです。

 

野良猫が減少すると今のような風景が見られなくなります。

そこは残念ではありますが、1匹のネコの幸せには変えられません。

 

もちろん、元々が自由奔放で気まぐれ、さらにプライドの高い生き物ですから、飼われることが好きではないネコもいることでしょう。

 

1人1人がネコを大切に扱い、野良猫であっても数を制限しながら共存できる環境づくりが必要だと、私は思います。

 

 

今回はここまでです。

次回の投稿でまたお会いしましょう。

 

           灘谷航先生のネコ漫画第二弾はこちら↓

                

           猫暮らしのゲーマーさん全5巻です!

「ホリミヤ」から学ぶ“周りを気にしない強さ”

こんばんは、ユーコミュです。

 

今回は今期アニメ化されたスクウェア・エニックス発行のGファンタジーミックス。

荻原ダイスケ先生作画、HERO先生作画の「ホリミヤ」から“同調を気にしない強さ”を学びます。

                

今ならアニメ記念1~3巻のバリューパックが好評発売中です!

この機会に是非お取りください(*^^*)

 

                                        

あらすじ(公式より引用)

                                        

一見派手だけど、実は地味で家庭的な女子高生・堀さんと、学校では根暗地味メガネだけど、実はピアスだらけの美形男子・宮村くん。

真逆のようで似ているような、二人が偶然出会ったら・・・!?

甘くて胸がキュッとなる、超微炭酸系スクールライフ。

 

                                        

堀さんの唯我独尊に救われる宮村くん

                                        

※ネタバレを含みます

この物語はひょんな出会いから始まります。

普段同じクラスで関わりのない堀さんと宮村くんですが、堀さんの弟,創太くんのアクシデントで思わぬ形の出会いをします。

 

学校での印象が180度変わる2人ですが、堀さんはその出会いで印象の変わった宮村くんにも話しかけに行きます。

宮村くんの印象が自分の中では変化しても、本人は隠しているため周囲の人からは「不思議な組み合わせ」「釣り合わない」と言われます。

 

宮村くん自身も自己肯定感が低下しているため、自分でも口にしてしまいます

堀さんは本人が言ってしまう事にひどく傷つき、「私の株を気にするのよ、勝手に決めて納得しないで!」と言い放ちます。

 

彼の自己肯定感が低下している理由については本編で明らかになります。

 

また、宮村くんが逆に堀さんを助けるシーンも複数出てきますのでお見逃しなく!

 

                                        

同調

                                        

アメリカで活躍したポーランド出身の社会心理学ソロモン・アッシュは集団内で自分の意見を貫くことがどれほど困難かについて、“同調”という現象を実証しました。

 

ホリミヤ」では、まさに周囲が思っている事をそのまま受け入れてしまい否定をしようとしない宮村くんです。

自己肯定感が低い事で“思い込み”もありますが、間違った事をそのまま信じてしまう“同調”もあるのでは?と私は思います。

 

この“同調”は範囲と拘束力を増すと“集団圧力”と呼ばれる恐ろしいものになります。

代表的な例は、ナチスドイツのユダヤ人迫害でしょう。

個人が集団圧力に屈していく斉一性の原理を生涯研究テーマとしたアッシュは、同調行動は自分を集団から守るための自己防衛行動と考え、そのため集団圧力になった後では対抗が非常に難しいと唱えています。

 

           引用:図解心理学用語大全 誠文堂新光社

                  

                                                

まとめ

                                                

日本人は教育上“協調性”を強く求めるため、“同調”が発生しやすいとされます。

ヒロインの堀さんはその点同調を無視し、自分の見聞きしたものを信じ生活していきます。

 

実際に“同調”の中でも意見を唱えていると、どちらでもよい派の人々がこちらの意見に“同調”をする可能性もおおいにあります。

 

一度は主張し続けてみることも重要かもしれません。

 

 

今回はここまでです。

次回お会いしましょう。

 

 

               最新刊の15巻はこちら✨

                 

 

           アニメにハマり一気に買いたくなったそこの貴方

                 大人買いはこちら✨

                 

               

            アニメが早くもamazon primeに登場!